MENU
Close 

      2017/03/25

最安値で買う為にヨドバシカメラで値切る方法。

 

値切ると言えば関西人の得意技です。誰でも電化製品を買う時は最安値で買いたいと思うものです。
そこで、僕が数十万円するフルサイズデジタル一眼レフカメラD750を購入する時に、ネットの最安値よりもさらに安い価格でD750を手に入れた方法をご紹介します。

ヨドバシカメラで値切る方法

関西人の僕からしたらヨドバシカメラで値切ることは簡単なのかもしれません。関西以外の人って値切るの苦手なんですよね?
値切るっていっても、お店に行って店員さんに「安くしてよー」って言っただけでは値切ることはできません。
そう、値切る為には入念な下準備が必要なのです。

商品最安値をリサーチする

値切る時にはある程度自分の中で目標を金額を決めておきます。
僕の場合はネット上での最安値と同じであればいいかなって思ってます。
最安値と同じ値段には確実に値切ることができます。
まずは、各ショッピングモールでリサーチしてみましょう。

もちろん今回のターゲットであるヨドバシカメラに関してもしっかりとリサーチをしておきましょう。
そして最安値のショップを見つけたらしっかりと、そのページに再度訪問できるようにブックマーク等をしておきましょう。

交渉に行く日程を決める

値切る為の交渉の日程はとても重要だ。
それは店舗や売り場によって目標が設定されていることが多いからだ。
もちろん社員はその目標に達成するように必死で商品を売っていく。目標値が高いと思われる日が一番の狙い目なのだ。
今回僕がD750を購入したタイミングはシルバーウィーク且つ運動会前ということでカメラの需要が一番高まる時期でした。

目標値が高く設定されている曜日や時期はいつ?

これは容易に予想がつくのではないでしょうか。
例えば、今回僕が買ったカメラだと、一番の需要があるのは運動会の前です。
扇風機やクーラーなどの空調系だと夏場の前、その商品によって「売りたい時期」はバラバラですので一番の需要期というものを理解しておいてください。

他には土日、大型連休です。ヨドバシカメラに限らず、販売系のお店は休日に繁盛します。もちろんお客さんが多い日には目標が高く設定されています。人が多いなか行くのは少し気が引けますが安く値切る為ですのでそこは我慢しましょう。

交渉する店員を見分ける

ヨドバシカメラで値切る時には交渉する店員をしっかりと見極めなければいけません。
ご存知のようにヨドバシカメラにはキャンペーンで外部の人間が店内にいることもあるからです。彼らには権限はないため満足のいく交渉結果が得られないでしょう。社員、できれば主任を狙い撃ちしよう。

早速店員に話しかける

ヨドバシカメラでの店頭表示価格と最安値を比較した上で店員さんに話しかけよう。なんて話しかけたらいいか、難しいですよね。
はじめは商品のことについて軽い質問をしてみましょう。
例えば

「このカメラが今気になってるんですけど、他にもいいものってあるんですか?」

こんな風に話しかけたら、店員さんがしっかり話してくれます。この時に店員さんといかに仲良くなるかで頑張ってくれるかどうかも変わってきます。自分の質問をぶつけたあとはしっかりと店員さんの話を聞いて好印象を持たれるようにしましょう。
カメラ売り場にいる店員さんってかなりカメラには詳しいです。だから話していても楽しいですよね。

価格交渉に入る

ここからが本番です。自分が狙っているカメラについての値段を質問してみましょう。
もちろん最初は店頭表示価格を提示してきます。(店員さんもできれば値切られたくはない)
ですがこの価格はどうにでもできます!!
ヨドバシカメラは10%のポイントがつきますので、実質いくらになるかってとこで勝負してきます。
例えば価格.comで9万円だったら、ヨドバシでは10万ーポイント10%の実質9万円ってとこに落ち着かせるのが目標です。
あなたが知っている最安値のサイトを店員さんに見せてあげましょう。

簡単に値切ることができる

恐らく最低価格を見せたら簡単に値切ることに成功したかと思います。
と、ここで満足してはいけません。実質の価格のところでいえば確実に得しましたが更にお得な状況に持っていくことができます。

おまけをつけてもらう

値段を底値までさげることができたら、更に自分がお得な状況になるようにおまけをつけてもらうように交渉します。
今回僕が買ったカメラでいえば、必ずSDカードやレンズフィルターは必ず買わなければいけません。またカメラを持ち運ぶバッグ的なものも欲しいところです。
そこで店員さんには、「更になにかつけることはできないですか?」と聞いてみましょう。
僕の場合は簡易的なバッグをもらうことがでできました。
んーーなんだか申し訳ない。

まとめ

値段は底値、さらにオマケがついてきたら、もうそれより安くすることはできません。僕は相場よりも2万円程安く買うことができました。
あなたも是非ヨドバシカメラで値切って、ネットよりも安い値段で欲しいものをゲットしましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です